ホワイトデーのお返しの意味!チョコ入りマシュマロは誤解を招く!?

ホワイトデー

バレンタインにプレゼントをいただいた方は、ホワイトデーのお返しを準備されていることと思います。

ホワイトデーのお返しに「チョコ入りマシュマロ」を準備した、あるいはチョコ入りマシュマロにしようかと考えている方もいるのではないでしょうか。

チョコ入りマシュマロはおいしいですし、個人的にはいただけたら嬉しいです。^^

ただ、ホワイトデーに贈るお菓子に意味があるって知っていましたか?

実はお返しにチョコ入りマシュマロを贈ろうと思っているなら、意味を考えると少し気を付けなければいけない点があります。

今後の人間関係を円滑にするためにも知っておいた方がいいかもしれません。

というわけで今回は、「ホワイトデーのお返しの意味!チョコ入りマシュマロは誤解を招く!?」という題でお送りします!

スポンサードリンク

ホワイトデーのお返しの意味でチョコ入りマシュマロは誤解を招く!?

じつはチョコ入りマシュマロの意味は二通りあるんです。

  1. 「バレンタインデーにもらった気持ち(=チョコ)を純白な愛(=マシュマロ)で包んでお返しする」
  2. 「バレンタインデーにもらった気持ち(=チョコ)をやんわり包んでそのまま返す」

1の意味だと本命向けですが、2の意味でとられては「嫌い」になってしまいます。

本命にお返しをするなら違うものの方が誤解がなくていいかもしれませんね。

どちらにしても微妙な距離感のときのお返しには避けた方が無難かもしれません。^^;

スポンサードリンク

ホワイトデーのお返しの意味でチョコ入りマシュマロがややこしくなった理由

ホワイトデーはだれが作った?

そもそも「ホワイトデー」を作ったのは『全国飴菓子工業共同組合』です。

3/14が「マシュマロデー」と呼ばれていたことにちなんで「ホワイトデー」という名前にしたそう。

「マシュマロデー」だった時は需要が伸び悩んでいたそうです。

そこで 『全国飴菓子工業共同組合』 が「ホワイトデー」と銘打って様々なお菓子を売ることを思いつき、売り上げを伸ばしていった結果、現在のような大規模イベントになりました。

ホワイトデーのお返しにチョコ入りマシュマロが浸透したわけ

じつはホワイトデーにチョコ入りマシュマロ、というのは「ホワイトデー」ができる前の話です。

「???」となりますよね。

「バレンタインデーのお返し」としてチョコ入りマシュマロをつくったのはお菓子屋さんの『石村萬盛堂』です。

昭和52年、ある少女向け雑誌に「バレンタインデーのお返しがないのはずるい」といった趣旨の投稿があったそう。

それを見た当時の『石村萬盛堂』の社長がもともとあった技術を使ってチョコ入りマシュマロを販売し始めました。

その際、お返しの日をお菓子業界の閑散期中の3/14に定め、「マシュマロデー」と名前を付けました。

こうして「ホワイトデーのお返しにチョコ入りマシュマロ」を浸透させていったようです。

正真正銘、「ホワイトデー」の起源は石村萬盛堂にあったのですね。

チョコ入りマシュマロに込められた本来の意味

『石村萬盛堂』がチョコ入りマシュマロに込めた意味は「バレンタインデーにもらった気持ち(=チョコ)を純白な愛(=マシュマロ)で包んでお返しする」です。

なんてロマンチック!!

この意味を知っている人が渡されたらドキドキしてしまいますね。^^

チョコ入りマシュマロ=「嫌い」になった理由

最初に込められた意味とは真逆ですが、調べたところ、「嫌い」の意味が浸透してきているようです。

なぜなのでしょうか。

考えられる理由が2つあります。

理由1:言葉のひとりあるき?

本来の意味をかんがえれば、「嫌い」の意味は入らないはずですよね。

しかし「返す」という言葉が一人歩きしてしまったのか、「お気持ちはお返しします」、 つまり「あなたの気持ちには応えられません」という意味に派生してきました。

チョコレートが「バレンタインデーにいただいた気持ち」、それを包むマシュマロが「目隠し」のような役割を果たしている、という解釈です。

ネガティブな本心をオブラートに包みたい、という需要にぴったりだったのかもしれません。

理由2:マシュマロの食感

マシュマロの食感も、「嫌い」の意味を連想させたようです。

マシュマロの食感といえば、口に入れた途端、シュワッとなくなるイメージですよね。

この食感が「関係が長続きしない」を連想させ、あまり女性受けが良くなかったようです。

気を付けないと、愛を伝えたかったはずが真逆の結果になってしまうかもしれませんね。

スポンサードリンク

ホワイトデーのお返しの意味でチョコ入りマシュマロはダメ?

以上のような意味があると知ると、「ホワイトデーのお返しにチョコ入りマシュマロを贈るのは絶対NGなのだろうか」という疑問が出てきますよね。

結論から言うと、「”絶対NG”ではありません」

たとえば相手の女性がチョコ入りマシュマロが好きとして周りに知られているなら、自然に渡してしまってOKです。

微妙な距離感なら考えなければいけないこともありますが、ひとこと「チョコ入りマシュマロが好きだと聞いたので」と言ってしまえば何ということはありません。

普通にホワイトデーのお返しとして渡して、チョコ入りマシュマロに込められた意味を話のタネにしてもいいかもしれません。

話題作りに、ホワイトデーのお返し向けにチョコ入りマシュマロを作ったお菓子屋さん『石村萬盛堂』の商品を渡しても話が盛り上がって楽しそうですね。

チョコがぎっしり入っておいしそう!

スポンサードリンク

ホワイトデーのお返しの意味でチョコ入りマシュマロのまとめ

以上「ホワイトデーのお返しの意味!チョコ入りマシュマロは誤解を招く!?」という題でお送りしました。

記事の趣旨をまとめます。

  • チョコ入りマシュマロに真逆の意味が2つある
  • 微妙な関係のときは一言そえるのが◎
  • チョコ入りマシュマロ好きの相手なら渡してOK
  • チョコ入りマシュマロの意味の由来で楽しく話せる相手にもOK

いかがでしたか?

いろいろ書いてはきましたが、ホワイトデーのお返しで最悪なのは「なにもしない」ことです!

準備をしようとしている、準備したあなたはステキです。

チョコ入りマシュマロ自体はおいしいですし、少し注意をすれば、かなり喜んでもらえると思います!

義理で渡すつもりで誤解を招きそうな場合は、違うお菓子をチョイスするのも一案ですね。

では、最後までご覧いただきありがとうございました!

コメント

タイトルとURLをコピーしました