節分とは?由来をしらべてみた。

節分のイメージといえば豆と鬼。

でも「節分とは何ですか?」とか、「節分の由来は?」とか聞かれるとお手上げです。

そのうち娘に「ママー、何で節分って2月3日なのー?」とか、「なんで節分やるのー」とか、「なんで節分で豆まきするのー?」とか、「なんで(以下略)」とか聞かれるにきまってる…。

と思って、調べてみるとビックリがたくさん!

知ってましたか?節分は1年に4回あるなんて!!

何気なく過ごしていた節分の由来、まとめてみました!

スポンサードリンク

節分とは?

節分とは、”季節が変わる前の日”です。

つまり「立春」、「立夏」、「立秋」、「立冬」の前の日のこと。

現代のように立春の前日だけを行事として大事にするようになったのは江戸時代以降のこと。

それより前は1年に4回、節分行事をしていたようです。

スポンサードリンク

節分の由来は?なぜ豆まき?

立春の前日が、節分として一番大切にされているのか。それは昔の新年の始まりが立春だったからです。

新しい年・季節になるときには「邪気」が出てくると考えられていました。とりわけ新しい年になるときに入り込む「邪気」は祓われるべきものでした。

節分の行事「豆まき」の由来は平安時代に、古代中国と当時の儀式を合わせたものです。

奈良時代に古代中国から伝わった「追儺(ついな)」、「鬼遣(おにやらい)」が、平安時代に宮中行事として取り入れられました。

「追儺(ついな)」、「鬼遣(おにやらい)」 は、どちらも新年を迎える前に行う厄払いの儀式で、厄として「鬼」を追い払う儀式でした。

平安時代にはさらに「豆打ち」という儀式もありました。これも厄払い、邪気祓いの儀式です。

「追儺(ついな)」と「鬼遣(おにやらい)」 、そして「豆打ち」があわさったものが「豆まき」の由来となる儀式です。

もっとも、庶民のあいだで行事として「豆まき」が行われるようになったのは江戸時代のこと。

長いこと宮中儀式として行われていたようですね。

豆まきに「炒り大豆」をつかう理由

豆まきには一般的に煎った大豆が使われます。

豆は「魔滅(まめ)」に通じるので縁起がいいものではありますが、なかでも大豆にはとくに穀霊(こくれい)とよばれる精霊が宿るとされています。

さらに豆を炒ることで「魔の目を射る」ことに通じるので縁起がいいとされます。

また、陰陽五行説に照らしても縁起がいいです。

陰陽五行説では大豆と鬼が「金」にあたります。大豆を炒ることで「火」が入り、鬼を封じ込めることができると考えられます。

煎った大豆には「鬼」を追い払う効果がたくさんあるというわけですね。

ただ、地方によって考え方が様々なようです。

スポンサードリンク

最後に

いかがでしたか?

節分の準備に豆と恵方巻と鬼の面と…と思っていると、一瞬で過ぎてしまう節分ですが、かなり歴史がある行事でしたね。

お役に立てば幸いです。^^

コメント

タイトルとURLをコピーしました