スーパーストロングチューハイ(サンガリア)も生産終了!?理由と飲めるのはいつまで?

オリオンビールが「WATTA STRONG(ワッタストロング)」の生産を終了しました。

ワッタストロングはアルコール度数9%で、ストロング系チューハイに分類されるものです。

好きだった方には残念ですよね……。

となると、他のストロング系チューハイはどうなるのか気になります。

探しているとサンガリアがアルコール度数12%の商品を出しているではありませんか!!

これも生産終了になる!?

というわけで今回は「スーパーストロングチューハイ(サンガリア)が生産終了!?理由と飲めるのはいつまで?」という題でお送りします!

スポンサードリンク

スーパーストロングチューハイ(サンガリア)が生産終了!?

まだ決定的な情報はありませんが、サンガリアのスーパーストロングチューハイは生産終了になる可能性があります。

このたび、オリオンビールがアルコール9%のストロングチューハイの生産を終了しました。

理由は、ストロング系チューハイの健康被害です。

かねてからストロング系チューハイはアルコールを過度に摂取しやすく、アルコール依存症などの健康被害を起こしやすいと言われてきました。

オリオンビールはストロング系チューハイの健康被害を踏まえて、生産中止を検討し、2020年4月に生産中止を決定しました。

サンガリアのスーパーストロング系列のチューハイはこのあおりを受ける可能性があるのです。

スポンサードリンク

スーパーストロングチューハイ(サンガリア)が生産終了の理由

生産終了が決定したオリオンビールのストロング系チューハイのアルコール度数は9%でした。

一方、サンガリアのスーパーストロングチューハイの度数は12%です。

サンガリアの企業理念のひとつは「お客様の安全」。

オリオンビールが顧客の健康を気遣って生産中止に踏みきった経緯を考えると……。

サンガリアの方が企業規模が大きいとはいえ、影響があることは間違いありませんよね。

動向を見守りましょう!

スポンサードリンク

スーパーストロングチューハイ(サンガリア)が生産終了で飲めるのはいつまで?

サンガリアのスーパーストロングチューハイはコンビニをターゲットに作られた商品です。

生産終了するとすれば突然なくなる可能性もありますよね。

コンビニの商品は入れ替わりが激しいので、飲みたい方は飲みたいうちに買っておくのがいいかもしれません。

スポンサードリンク

スーパーストロングチューハイ(サンガリア)が生産終了!?理由と飲めるのはいつまで?まとめ

以上「スーパーストロングチューハイ(サンガリア)が生産終了!?理由と飲めるのはいつまで?」についてお送りしました!

まだ確定情報ではありませんので、動向を見守っていきましょう。

最後までお読みいただきありがとうございました!^^

コメント

タイトルとURLをコピーしました