ホワイトデーのお返しの意味で焼き菓子は?タルトとフィナンシェについても!

ホワイトデー

ホワイトデーのお返しに焼き菓子はどうかな?

確かに焼き菓子は好き嫌いがすくないですし、日持ちもするからよさそうですよね!

フィナンシェやタルトなんかも気になるのでは?

ただホワイトデーのお返しには必ず「意味」を考えた方がいいんです。

「え、焼き菓子に意味なんてあるの!?」と思ったアナタ!

ぜひ読んでくださいね。笑

というわけで、「ホワイトデーのお返しの意味で焼き菓子は?タルトとフィナンシェについても!」という題でお送りします!

スポンサードリンク

ホワイトデーのお返しの意味で焼き菓子はだれむけ?

同じ焼き菓子でも、種類はさまざま。

そしてホワイトデーのお返しとして渡す焼き菓子にも意味はさまざまです!

これから渡そうと思っている焼き菓子は、どこにあたるかぜひチェックを。

ホワイトデーのお返しの意味で焼き菓子のなかで本命向け

マドレーヌ

マドレーヌの意味は「もっとあなたと一緒にいたい」

妻へ、恋人へのお返しにピッタリ。

もちろん、これからアプローチしたい!という場合にもばっちりです。

義理には決して渡してはいけませんね。^^

マドレーヌは2枚貝のような形をしていますよね。

貝が合わさっている状態が、もっと仲良くなりたい気持ちを連想させます。

カップケーキ

カップケーキには特に意味はありません。

しかし、一般的にお菓子にしては高値です。

「あなたは高級なモノを贈るにあたいする相手」というメッセージになります。

ホワイトデーのお返しの意味で焼き菓子のなかで義理向け

クッキー

クッキーの意味は「友達でいて」

サクサクした軽い食感から連想された意味です。

価格が手ごろで可愛い柄のものもたくさんありますので、義理でお返しするには適当でしょう。

スポンサードリンク

ホワイトデーのお返しの意味で焼き菓子のなかでもタルトとフィナンシェは?

ホワイトデーのお返しの意味でタルトは?

タルトの意味

タルトに特に意味はないようです。

無難に贈ることができるのではないでしょうか。^^

タルトの意味の由来

タルトに意味はありません。

しかし結構な価格でボリュームもありますよね。

義理に贈るなら、とくにお世話になった相手がいいかもしれません。

彼女がタルト好きなら一緒に楽しんでもいいでしょう。^^

ホワイトデーのお返しの意味でフィナンシェは?

フィナンシェの意味

フィナンシェの意味は『あなたに優しくしたい』 です。

また、フィナンシェにはフランス語で「金融家」の意味もあります。

マドレーヌと同じようなお菓子なので、マドレーヌと同じ意味がこもると思う人もいそうです。

少なくとも苦手な方に贈るのは避けた方がよさそうですね。^^;

友人、家族はもちろん、恋人にもオススメです。

フィナンシェの意味の由来

フィナンシェがフランス語で「金融家」の意味だということは前述のとおりですが、形をみて納得です。

金ののべ棒によく似ていますよね。

そもそもフィナンシェはパリの証券取引所で忙しく働く金融家でも、スーツを汚さずに食べられるように開発されたお菓子なんだとか。

たしかに指でつまんで一口で食べられる形をしています!!

上品に2口で、というときでも、しっとりしているのでボロボロ落ちたりしません。

なるほど、それでフィナンシェに「あなたに優しくしたい」という意味が付いたのかもしれませんね!!

フィナンシェの由来を話せる仲なら、「忙しい人向けに開発されたらしいよ!」と、渡すこともできるかもしれませんね!

スポンサードリンク

ホワイトデーのお返しの意味で焼き菓子は?タルトとフィナンシェについても!まとめ

以上、「ホワイトデーのお返しの意味で焼き菓子は?タルトとフィナンシェについても!」という題でお送りしました!

記事の内容をまとめます。

  • 焼き菓子の意味はお菓子による
  • タルトに意味はとくに無し
  • フィナンシェの意味は「あなたに優しくしたい」

いずれにしても相手を選んだほうがよさそうですね!

最後までご覧いただきありがとうございました!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました